心メモを更新しました

 「心の宅急便とは」
 小中高生中心に「いじめ防止と克服」を呼びかける朗読講演活動。「生きる」ことの大切さ、そして「いじめの怖さ悲しさ」を知って欲しい!
 メッセージソングでも問いかける「あなたに贈りたい言葉があります♪」「友だちにならない? このあたたかい言葉をいつまでも忘れない♪」

心メモ

豆紙人形 門司港駅にお嫁入り

2007年に始まった朗読講演「心の宅急便」と一緒に、 長い間、国内外を旅した母・マサコ・ムトーの豆紙人形が 6年間の改修工事を終えて来春3月グランドオープンする 北九州市門司港駅にお嫁入することが決まりました。 大正3年に開業し、105年の歴史を持つ門司港駅は、駅舎として 日本で初めて国の重要文化財に指定された建物です。 年間120万人の旅人が訪れる門司港駅で、大正時代の遊びや 懐かしい風景を再現した母の豆紙人形は、大正時代のレトロな姿に 生まれ変わった門司港駅と共に、旅情と歴史と人生をお届けするでしょう。 大正2年に門司で生まれ、門司港駅で幼い頃遊んでいた母にとって 門司港駅は「初恋の人」のようなもの。 生まれ故郷に帰って初恋の人に嫁ぐ、そんな素敵なロマンスが 始まりました。   
 2018年11月 ヒロコ・ムトー
  

マサコ・ムトーの部屋(一部ご紹介)   詳しくはこちら

最後の作品(東海道五十三次・静岡の茶摘み)

70歳から始めたパステル画

88歳から始めた豆紙人形

2003年11月 初めての海外訪問展(シアトル)

パリ日本文化会館展

生まれ故郷の北九州「生誕100年
 マサコ・ムトー人間展」








「天使になったシュクちゃん」
~世界一愛された犬の七年半~ 
文藝春秋刊 定価 1,280円+税
購入はこちら(Amazon)


海竜社 1,000円(税込)
購入はこちら(Amazon)
 

夜明け  マサコ・ムトー作


海竜社 1,050円(税込)
購入はこちら(Amazon)

「ヒロコ・ムトーの広場」のURLが変更になり
ました。
「ヒロコ・ムトーの広場」はこちら!



マサコ豆紙人形写真リストはこちら!
 

ヒロコ真似紙人形写真リストはこちら!



海竜社 1,300円(税込)

購入はこちら(楽天ブックス)
六十代に入ってから今までと違った道「心の宅急便」活動を始めた著者のやろうと思えば何時からでも出来る“人生のヒント”家族との付き合い方、他人や社会との付き合い方、人生の夢と希望の掴まえ方など。
人生は挑戦、人生は変えられる、今日が始まりをテーマに元気と勇気が湧く本。
          編集担当  藤波定子
 
 

 (中経出版社)
小さな紙人形でパリを驚嘆させた目の不自由な老婆と、いじめを優しさで克服した愛娘。          
いま、著者の語る「心の宅急便」が感動の輪を広げる!        
 元駐フランス日本大使 平林 博氏推薦
 

朗読風景

 
 リンク