心メモを更新しました

 「心の宅急便とは」
 小中高生中心に「いじめ防止と克服」を呼びかける朗読講演活動。「生きる」ことの大切さ、そして「いじめの怖さ悲しさ」を知って欲しい!
 メッセージソングでも問いかける「あなたに贈りたい言葉があります♪」「友だちにならない? このあたたかい言葉をいつまでも忘れない♪」

心メモ

 新年 明けましておめでとうございます 今年は健康第一!!

昨年、珍しく体調を崩し、春の花粉症がきっかけで気管支喘息なんてものに なってしまいました。「心の宅急便」を卒業させて頂いたので、ゆっくり旅行でも・・ と計画していたのに、生まれて初めて、丸8ヶ月、ゼホゼホ、コンコンと 苦しい咳が止まらず、声は出なくなるし、喉にいつも痰が張り付いているような 不快な状態が続き、その上、薬の副作用で若い頃のアレルギーが再発し、頭部に ブツブツ皮膚湿疹が出る始末!あーあ、歳は取りたくないものです!! そんな訳で、以前、次女が子供の時にアレルギーを治してもらった伊東のサナトリウムに 体質改善に行ってきました。   

2017年 初春
 
富士山を背に(伊東にて)
 
サナトリウム中庭
 
温泉に隣接する離れの個室に滞在
昨年十月、サナトリウムの二十日間でようやく咳も止まり、アレルギーも完治したので、12月はダメ押しと休養のためにクリスマス前から予約を取り、年末年始をゆったりとそこで過ごし、ようやく我が家に帰ってきました。 ここは基本、一週間から十日くらい人参ジュースで断食をして、その後段階的自然食の捕食で体質改善をするのですが、実は私は人参が苦手。身体を治すためには!と覚悟して来たのですが、なんと最初の三日で音をあげてしまいました。仕方なくキャンセルして帰ろうかとも思ったのですが、「嫌いな物を無理に摂取しても身体には効果がないから」と石原院長の優しい計らいでリンゴジュースに替えてもらい、長期滞在なので夕方は玄米の重湯と味噌汁とシラス大根おろしと梅干が出る「半断食」にしてもらいました。おかげで少しもお腹が減りませんでした!
断食明けの捕食 二段階 玄米粥メニュー
玄米粥、湯豆腐、納豆、シラス大根、 ほうれん草の白和え、なめこ味噌汁 お新香
 
断食明けの三段階目 正食 玄米メニュー
小豆入り玄米ご飯、白菜と玉ねぎの味噌汁、鮭のトマト煮、大根のあんかけ、 蟹とトマトとキューリのサラダ、黒豆、 お新香、デザートの柿
こんな感じのメニューです。断食明けの食事や果物の美味しいこと!! 身体も毒素が出きって快調になりますが、半断食であっても、「最高に美味しい!」と 食べることの感激と感謝を久しぶりに味あわせてもらいました。    
 2017年1月6日 ヒロコ・ムトー
  

マサコ・ムトーの部屋(一部ご紹介)   詳しくはこちら

最後の作品(東海道五十三次・静岡の茶摘み)

70歳から始めたパステル画

88歳から始めた豆紙人形

2003年11月 初めての海外訪問展(シアトル)

パリ日本文化会館展

生まれ故郷の北九州「生誕100年
 マサコ・ムトー人間展」








「天使になったシュクちゃん」
~世界一愛された犬の七年半~ 
文藝春秋刊 定価 1,280円+税
購入はこちら(Amazon)


海竜社 1,000円(税込)
購入はこちら(Amazon)
 

夜明け  マサコ・ムトー作


海竜社 1,050円(税込)
購入はこちら(Amazon)

「ヒロコ・ムトーの広場」のURLが変更になり
ました。
「ヒロコ・ムトーの広場」はこちら!



マサコ豆紙人形写真リストはこちら!
 

ヒロコ真似紙人形写真リストはこちら!



海竜社 1,300円(税込)

購入はこちら(楽天ブックス)
六十代に入ってから今までと違った道「心の宅急便」活動を始めた著者のやろうと思えば何時からでも出来る“人生のヒント”家族との付き合い方、他人や社会との付き合い方、人生の夢と希望の掴まえ方など。
人生は挑戦、人生は変えられる、今日が始まりをテーマに元気と勇気が湧く本。
          編集担当  藤波定子
 
 

 (中経出版社)
小さな紙人形でパリを驚嘆させた目の不自由な老婆と、いじめを優しさで克服した愛娘。          
いま、著者の語る「心の宅急便」が感動の輪を広げる!        
 元駐フランス日本大使 平林 博氏推薦
 

朗読風景

 
 リンク